資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 SNS 学校について
森山 梨仁
学生
マンガ・アニメーション
マンガ・アニメーション学科
島根県立三刀屋高等学校掛合分校出身
なぜ穴吹を選んだのか
中学の頃、勉強が苦手であまりとりえがなかったのですが、絵を描く事だけはずっと好きだったんです。マンガを読むのも好きだったので、自分の良いところを伸ばしたいと思って高校の頃からマンガを描き始めました。穴吹にはマンガ・アニメーション学科があると知って、一度オープンキャンパスに行ってみたんです。その際にマンガ・アニメーション学科の先生に自分の原稿を見せたら、出版社の方が来られる講評会に参加してみないかと声をかけてくださって。実際に行ってみたらものすごく良かったんです。定期的に講評会を開催しているこの学校なら、チャンスを設けて夢を叶えるための手助けをしてくれると確信して、穴吹に入学したいと思いました。

穴吹にきてみて
入学して勉強してみて、デジタルで絵を描くという事を学びました。これまでずっと紙に書いていたので、自分にとっては初めての体験でした。穴吹に来ていなかったらデジタルでの制作はできていないと思います。デジタルの方がワンクリックで作業出来たり、間違えてもすぐに直せたりと、作業効率は断然便利なので、最近はデジタルで描く方が多くなってきています。僕は紙に描く方が楽しいし、手書きで描きこんでいくのが得意なので、両方使えるのは強みだと思います。
卒業したら、県外で漫画家さんのアシスタントをすることが決まっています。もちろん自分の漫画も引き続き描いていきますが、プロの所で働いて得られるものを身に着けたいと思っています。いずれは自分の作品でデビューしたいですね。
将来の夢
まずはデビュー=誌面にのることが目標です。将来的にヒット作品は出したいと思っていますが、とりあえずは食べていける位にはなれたらいいなと思います。もちろん作品が当たればたくさんお金を稼いで、のんびり暮らしてみたいです(笑)。
漫画家になる道はやはり厳しくて、高校の時に一緒にマンガ家を目指している友人もいましたが、ほとんどの人があきらめてしまうんですよね。実際自分もマンガ家以外の道に進もうかと考えた事は何回もあります。マンガをやめて就職する方がいいかなとも考えますが、せっかくここまで頑張ってきたので、自分はあきらめずに挑戦して、デビューを目指したいと思っています。

MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.