資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 SNS 学校について
伊原 凜
学生
インテリアデザイン
インテリアデザイン学科
広島県立高陽高等学校出身
なぜ穴吹を選んだのか
昔から家を見るのが好きだったんです。友達の家に行った時に家を見せてもらうのも楽しかったし、家の中にうんていがあるような遊び心のある家を見た時は本当にワクワクする感情がありました。自分もこんな風に人を楽しませることができる空間作りをしてみたかったので、進路を決める時も建築関係に進みたいと思っていました。学校を探す時に、両親の意見もあって広島で学校を探した結果、穴吹か工大かで迷っていて。工大は理系だったのですが僕は文系だったので、穴吹の方が学科的にも将来の夢に当てはまりそうなイメージでした。
オープンキャンパスには3回位参加しました。そこで西尾先生とお昼の時間にお話しさせてもらった時に、すごく親身になって自分の進路を考えてくれて。そういう先生の所で学びたいなと思いましたし、穴吹は実際に現場で働いている先生が多いのもいいなと思い穴吹を選びました。
学科は、建築とインテリアデザインのどちらを選択するか最後まで悩みました。最終的には、自分はすごく詳細な設計図面を作るというより、デザインスケッチを描く方が好きなので、建築より柔らかいイメージのあるインテリアデザインを学ぶことに決めました。
穴吹にきてみて
授業は全てためになっていますね。好きな授業はインテリアコーディネート、パース、ショップデザインです。今やっている課題は、カフェを併設したショップを作ることなのですが、どういう場所にたてて、どういう施主さんなのかということも自分で考えながら作っている最中です。
穴吹に入学したばかりの頃は、どんなショップを作るかというアイディアが全然思いつかなかったんです。先生が紹介してくれる建築物を観たり、みんなが作る課題なども色々参考にして、それを自分なりにアレンジできるようになってきました。以前に比べて想像力が上がったなと思います。
夏休みにはインターンにも行って、ラッキーなことにプレゼンテーションの場に同席させてもらえて、すごく勉強になりました。
将来の夢
まずは2級建築士の資格をとって、将来はインテリアデザイナーか、設計の仕事につけたらいいなと思っています。小さい頃から好きだった住宅系の設計デザインにはいつか絶対携わって、家族が一緒に過ごすことで会話が多く生まれるような、温かみのある空間を設計できるインテリアデザイナーになりたいです。
MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.