デザイナーがデザイナーを育てる環境
なるには記事
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language

グラフィックデザイナーになるには?仕事内容、必要スキルを紹介

グラフィックデザイン

グラフィックデザイナーとは

現代社会において、視覚的なコミュニケーションを担う重要な役割を担っているのが、グラフィックデザイナーです。
広告やパンフレット、ロゴ、Webサイト、SNSコンテンツ、パッケージデザインなど、多様な媒体の制作を通じて、製品やサービスの魅力や特徴を表現し、消費者にアピールします。
また、企業のイメージやブランド価値を高めるためのデザインを手掛け、社会的な影響力を持つブランドを創り上げることも重要な役割です。
様々なメディアで視覚的なコミュニケーションを生み出す人
グラフィックデザイナーは、写真やイラストレーションなどのビジュアルと必要な情報を伝えるためのコピーなどテキストのレイアウトを考え、ブランドやプロモーション、パッケージデザインなどの視覚的なコミュニケーションをデザインします。
手がけるものは、印刷物、Webサイト、広告、パッケージ、イラスト、ロゴ、フォントなどの多岐に渡ります。その方法はさまざまで、日々発展と変化を続けています。
例えばUI/UXデザインという分野も注目されており、アプリなどユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンスの設計を行うこともあります。
クライアントのニーズや目的を理解し、最適なデザインを選択することも重要な役目です。そのため、クライアントとの意思疎通をはかったり、各分野のプロフェッショナルと協働したりする中で、コミュニケーション能力を発揮する場面もあります。

グラフィックデザイナーのお仕事

どんな仕事に「グラフィックデザイナー」が取り組むのか。「グラフィックデザイナー」に求められる技術や知識や活躍する分野についてみていきましょう。

●クライアントのニーズや目的を理解する

●デザインのアイデアを考え出す

●印刷物、Webサイト、広告、パッケージなど、さまざまなメディアで使用するイラスト、ロゴ、フォントなどの視覚的な要素をデザインする

●ブランドやプロモーション、パッケージデザインなどにおいて、自分が施すデザインで視覚的なコミュニケーションを生み出す

●Adobe Illustrator、Photoshop、InDesignなどのグラフィックデザインソフトを使用し、デザインを完成させる

●クライアントと協力し、最終的なプロダクトを完成させる

●ポートフォリオを維持し、デザインスキルを磨く
グラフィックデザイナーは、様々な業界で活躍することができ、ブランディング、広告、出版などの仕事に就くことができます。

グラフィックデザイナーになる方法

「グラフィックデザイナー」になるためには、どんな方法があるのか。いくつかの選択肢から、選ぶ際のポイントも紹介します。
グラフィックデザイナーに必要な知識や技術は多くあります。様々なプロフェッショナルと協働することも少なくないデザイナーの業務はチームでの作業もあるため、コミュニケーション能力も求められます。ここでは、「独学」「オンラインスクール」「専門学校」をみていきましょう。いずれの場合も、Adobe Illustrator、Photoshop、 InDesignなどグラフィックデザインで使用されるソフトウェアを使用することは必須です。
独学
まずはデザインに関する書籍で学ぶなど、デザインの基礎から徐々に学習をスタートします。
さらに実際に作品を制作しましょう。その作品にフィードバックがあると制作力の向上につながるため、SNSなどで自分の作品を公開することや、周囲の人にみてもらって意見をもらうことも有効です。また、デザインに必要なソフトウェアを習得することも重要です。Adobe社のPhotoshopやIllustratorなどの現在業界のスタンダードになっているソフトが使いこなせるようになりましょう。
独学での学習は自己管理が必要、モチベーションを保つことも大切です。自分のペースで学習を進めることが向いている人にはぴったりの方法と言えます。一方で、仕事を獲得するための人脈づくりにも意識的である必要があります。SNSでの交流やイベントなどに積極的に参加するなども、ネットワーキングに役立つはずです。
オンラインスクール
時間や場所に制限されず、自分の関心に合わせて学べるのが、オンラインスクールの利点です。
多くのオンラインスクールでは、実践的な課題に取り組み、講師から評価を得ることもできます。比較的低コストで利用でき、場所を選ばず通学にかかる費用や時間を節約することができます。
スクールを選ぶ場合は、講師の業績やカリキュラム、学生の制作例をチェックするなど、信頼性と実績を確認することをおすすめします。スクール内のコミュニティに参加して、同時期に一緒に学ぶ学生と情報交換をすることも有益です。
一方オンラインスクールでは、自分自身で時間を管理し、自分自身で学ぶ意欲を維持する必要があります。近距離に自分以外の学生がいない場合も多いと考えられるので、強い意志を持って課題や授業に取り組むことが肝要です。自己管理の方法を工夫することで、効果的に学習することが可能になるでしょう。
専門学校
専門学校では、グラフィックデザインに必要な基礎的な知識やスキルを体系的に学ぶことができます。
グラフィックデザインのプロが講師を務め、実践的な指導やアドバイスを受けることができます。
また、同じクラスには、同じ目的を持った仲間がいるため、切磋琢磨することができます。仲間と一緒にチームで制作に取り組むことで、コミュニケーション能力を磨くこともできるでしょう。
さらに、課題を通じて、グラフィックデザインの実践的なスキルを磨くことができます。加えて、専門学校は業界に直接つながっているため、就職活動の支援や、業界で必要なスキルや知識を学ぶ機会を提供することができます。求人応募に必要なポートフォリオの制作指導も受けられます。インターンシップなどに参加することで実務経験に近い体験を得るチャンスもあるかも知れません。
専門学校に通う場合、学費と通学に必要な時間や費用も考慮する必要があります。学校によっては学費の支援制度もあるので、無理なく学習が続けられるように入学・学習に必要な費用を確認することをおすすめします。
「独学」「オンラインスクール」「専門学校」3つの方法でグラフィックデザインを目指す道のりを紹介しました。
グラフィックデザイナーにとっては、学校に通ったり必要な授業を受けたりするだけでなく、実践的なスキルを身につけることも重要です。また、多くのグラフィックデザイナーは、常に新しいスキルを身につけ続けています。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

「グラフィックデザイナー」になるために、必要な資格や試験はありません。では、何が求められるのか。具体的な例をみていきます。
デザイン理論や基礎
グラフィックデザインに必要なデザインやレイアウトに関する理論、タイポグラフィなどの基礎知識は、質の高いデザイン制作のために不可欠です。
ソフトウェアスキル
現在、グラフィックデザインの業界では、Adobe Illustrator、Photoshop、 InDesignなどのグラフィックデザインソフトの使用経験が必須です。
そのほか、映像やWeb、アプリに関するソフトなど、必要に応じて習得が必要なものがあります。常に最新情報をチェックしておきましょう。
創造力
グラフィックデザインには、新しいアイデアを生み出すことが必要です。
様々なデザインをみることで、ヴィジュアルの魅力からコンセプトの立て方を知り、自分の創造力を育むことができます。
コミュニケーション能力
デザイナーは、多くの場合ひとりで仕事が完結することはありません。多くの分野のプロと一緒に、協力しながら仕事をすることがあります。あるいは、クライアントのニーズや目的を理解し、それに合ったデザインを提案することもあります。そのためには、他者と円滑に意志を伝え合うための、コミュニケーション能力が必要です。
デザインを理解し選択する感覚
デザインに、絶対の正解はありません。優れたグラフィックデザイナーは、デザインのバランス、プロポーション、色彩などを感覚的に理解し、状況や目的に合わせて適切なデザインを選択することができます。
もちろんこの能力は、実務経験を得るなかで磨いていくことが可能です。
タイムマネジメント能力
決められた時間に、質の高いデザインを完成させることが、グラフィックデザイナーに求められます。また通常は複数のプロジェクトを抱えているため、時間を管理する能力が必要です。

グラフィックデザイナーの就職先

グラフィックデザイナーは、様々な業界で活躍することができます。主な就職先には次のようなものがあります。
広告代理店
広告代理店は、企業や個人に代わって広告活動を行う会社です。企業や個人に代わって広告活動を行う広告代理店において、グラフィックデザイナーは、クライアントのニーズを印刷や映像からSNSまでさまざまな広告媒体で表現できるようデザインします。
ブランディング会社
ブランディング企業では、企業の価値や認知度を高めるためにデザインを通じて多彩な戦略を実現しています。そのために、ロゴやプロモーション映像などを制作するのが、グラフィックデザイナーの役割です。
一般企業
一般企業がデザイン部門を持ち、そこでグラフィックデザイナーが活躍するケースが増えています。自社製品のデザインやSNSでの発信など、企業のメッセージを発信できるデザインを制作します。

穴吹デザイン専門学校で学べる学科

穴吹デザイン専門学校でグラフィックデザイナーを目指すなら、グラフィックデザイン学科です。デザイン業界での就職を目指す仲間と一緒に過ごす毎日の中で、能力を磨くことができます。
穴吹デザイン専門学校グラフィックデザイン学科の特徴の一つは、「在学中から社会に繋がることができる環境」です。コンペティションに参加したり、企業と共に案件に取り組んだりする中で、学生の立場で制作した作品を広く社会に発表することが可能です。また、将来一緒に仕事をするデザイナーと出会うチャンスもあります。
「第一線で活躍するプロフェッショナルが先生」であることも、穴吹デザイン専門学校グラフィックデザイン学科の特徴です。写真、映像、グラフィックデザイン、広告、Webデザインなど、それぞれの分野のプロフェッショナルが学生のために時間をつくって授業を行います。先生を通じて現場の雰囲気を知り、より実践的な授業が受けられる学科です。
さらに、「<今>求められる能力が身に付くカリキュラム」も、穴吹デザイン専門学校グラフィックデザイン学科の特徴です。この学科は20年以上の歴史がありますが、常にカリキュラムを見直しています。もちろん、現在も。メディア環境の進展に合わせて、デザイナーに求められる能力も急速に変化しています。長年の実績あるカリキュラムに企業の声を取り入れ、<今>業界に求められるデザイナーを育成します。
グラフィックデザイナーの仕事は、その形や種類を変えながらも、社会に求められ続けています。
むしろ、今までになかったオンスクリーンメディアが急速に発展する中で、視覚的なコミュニケーションを創造できるスペシャリストとして、役割に大きな期待が寄せられていると言えます。
自分にあった環境で、自分の目指す「グラフィックデザイナー」への道を歩んでください。

OPEN
CAMPUS
オープンキャンパス 2024

やりたいことを
みつけよう!

予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

読みもの ANABUKI JOURNAL

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.