デザイナーがデザイナーを育てる環境
なるには記事
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language

動画編集者になるには?仕事内容、必要スキルを解説

ネット動画クリエイター

現代では、インターネットやSNSを通じて個人が自由に動画を投稿できます。また、自社のイメージアップや商品CMで動画を利用する企業も多く存在します。
動画編集者は、企業の宣伝やPRのため、多くの人の目に留まりやすい動画を作り、クライアントが満足する動画を届けることが仕事です。
もちろん、YouTuberや著名人の動画を編集する人も動画編集者に含まれます。今回は動画編集者の仕事内容から年収、どうすれば目指せるのかまで具体的に紹介します。

動画編集者とは

一口に動画編集者と言っても、実際何をする人なのか?映像制作に関する仕事はどのようなものがあるのか、詳しく見てみましょう。
動画編集者は、映像素材を編集して完成させる専門家です。
彼らは、映像の編集作業に必要なソフトウェアやツールを使い、映像のトリミング、カット、色調補正、音声編集、エフェクトの追加などを行います。動画編集者は、映像制作のプロセスにおいて、映像素材を収集する段階から、映像の編集、最終的なプレビュー、そして納品までを担当することがあります。彼らは、映像制作会社やテレビ局、映画制作会社、広告代理店、YouTuberなど、多様な業界で活躍しています。

動画編集者のお仕事

動画編集と言っても動画編集するだけが仕事ではありません。
ここでは、動画編集者の仕事内容について解説します。
映像素材の収集と整理
クライアントやプロデューサーから受け取った映像素材を整理し、必要に応じて編集用のフォーマットに変換する。
映像編集
映像のトリミング、カット、音声の編集、エフェクトの追加、色調補正などを行い、完成された映像作品を制作する。
グラフィックデザイン
映像に必要なテキストやタイトル、クレジットなどをデザインし、映像に組み込む。
音声編集
音声のクリーニング、エフェクトの追加、音声レベルの調整などを行い、映像と音声が調和した完成された映像作品を制作する。
最終的なプレビュー
編集作業が完了した映像をプレビューし、必要に応じて修正を加える。
納品
クライアントに完成された映像作品を納品する。
動画編集者は、映像制作において重要な役割を担い、映画、テレビ番組、広告、Webコンテンツなど、多くの分野で活躍しています。

動画編集者になる方法

動画編集者になるには独学かスクールに行くか、大きく分けて2パターン。メリット、デメリット含めて自分に合った方法を見つけよう。
学校で学ぶ
映像制作や編集について学ぶための専門学校や大学、短期講座などがあります。映像制作に必要なスキルを学び、ポートフォリオを作成して実践的な経験を積むことができます。
オンラインで学ぶ
YouTubeなどのオンラインプラットフォームには、映像制作や編集についてのチュートリアルが多数あります。また、オンライン学校やウェブセミナーなどもあります。
独学
自分で映像制作をして、実際に編集作業を行うことで、スキルを磨くことができます。また、映像制作会社やテレビ局、映画制作会社、広告代理店などでアシスタントとして働き、プロの映像制作者の指導を受けることもできます。
ソフトウェアの学習
映像編集に必要なソフトウェアを習得することが重要です。代表的なものとしては、Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro、Avid Media Composerなどがあります。これらのソフトウェアを熟知することで、高度な編集作業が可能となります。
ポートフォリオの作成
映像編集者としての実績を示すために、自分が制作した映像作品をまとめたポートフォリオを作成することが大切です。ポートフォリオは、クライアントや雇用主に自分のスキルや経験をアピールするための重要なツールとなります。

動画編集者に必要なスキル

動画編集者になるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、動画編集に関する知識だけでなく最新機材やソフトウェアの知識、コミュニケーション能力も必要になってきます。
映像制作に関する知識
映像制作についての基本的な知識が必要です。例えば、カメラの種類や使い方、撮影の基本的な技術、照明の種類や使い方、音声の録音方法などです。
ソフトウェアの熟知
映像編集に必要なソフトウェアを熟知していることが大切です。代表的なものとして、Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro、Avid Media Composerなどがあります。
クリエイティブなアイデア
映像編集においては、創造性が求められます。クリエイティブなアイデアを生み出し、それを映像に落とし込む能力が必要です。
コミュニケーション能力
クライアントやプロデューサーとのコミュニケーション能力が必要です。クライアントの要望や意見を理解し、それを映像に反映することが求められます。
タイムマネジメント能力
プロジェクトのスケジュールを管理し、制作期限までに作品を完成させるための能力が必要です。
細部に注意を払う能力
映像編集において、細かいディテールに注意を払うことが重要です。例えば、音声のレベルやバランス、映像の色調や明暗などです。
問題解決能力
映像制作においては、問題が起こることがよくあります。問題が発生した場合には、迅速かつ正確に対処し、問題を解決する能力が必要です。

動画編集者に向いている人

動画編集者には、受け身姿勢ではなく自ら学んで行動できる人、他人のスキルをコピーできる人が向いています。動画制作に必要なスキルには、誰もが使いこなしている普遍的なスキルから、その人独自のスキルまで幅広いものがあります。他人の作品を見て、表現技術など良いところを積極的に吸収することが良い作品に繋がります。
動画制作はクリエイティブな仕事です。「この内容を発信したい」という意思を持つことで、作品にその意思が反映されます。映像を見る側にとっても、製作者の意図が伝わる作品は共感を持てます。作品に熱意を込められるほど制作意欲が高い人は、映像制作に向いているでしょう。
クリエイティブな思考ができる人
映像編集には創造性が求められるため、アイデアを生み出すことができる人が向いています。
細かい作業が得意な人
映像編集には、細かい作業が必要です。そのため、細かい作業に耐えうる人が向いています。
テクノロジーに興味がある人
映像編集に必要なソフトウェアは、常に進化し続けています。テクノロジーに興味があり、新しいソフトウェアや技術を習得することができる人が向いています。
コミュニケーション能力がある人
映像制作は、多くの人とのコミュニケーションが必要です。クライアントやプロデューサーとのコミュニケーションが得意な人が向いています。
タイムマネジメント能力がある人
映像編集には、制作期限があります。そのため、時間を管理し、効率よく制作を進めることができる人が向いています。
変化に対応できる人
映像制作には、常に変化が起こります。そのため、柔軟に変化に対応し、新しい技術やトレンドに追随できる人が向いています。

動画編集者の就職先

動画編集者としての技術を身に着けたら、次に考えるのが就職先です。映像業界の仕事は多岐にわたります。テレビ、映画、ドラマ、CM、Web広告、PR動画、MV(ミュージックビデオ)、PV(プロモーションビデオ)、イベント映像、アニメ、ゲームといったさまざまなジャンルで映像関連作品が求められています。なかでも最近は、スマートフォンやSNSに向けたWeb広告やPR動画制作のニーズが非常に高まっています。
映像制作会社
映像制作会社は、テレビ番組やCM、映画などの映像制作を行っています。動画編集者は、映像編集やエフェクトの制作を担当することがあります。
広告代理店
広告代理店は、企業のプロモーション活動を支援する業務を行っています。動画編集者は、広告映像の制作を担当することがあります。
テレビ局・ラジオ局
テレビ局やラジオ局は、番組制作を行っています。動画編集者は、番組の映像編集を担当することがあります。
WEB制作会社
WEB制作会社は、Webサイトや動画コンテンツの制作を行っています。動画編集者は、Webコンテンツの映像編集を担当することがあります。
自営業
フリーランスとして、個人事業主として独立して活動することもできます。自分でクライアントを探し、映像制作や編集の仕事を請け負うことができます。
教育機関
教育機関では、映像制作の講師や講師アシスタントとして活躍することができます。映像制作に関する専門的な知識や技術を教えることが求められます。

動画編集者の年収

動画編集者の年収は、経験やスキル、働く場所や業界、雇用形態などによって大きく異なります。以下は、一般的な年収の目安です。
初級動画編集者:200万円から300万円程度
中級動画編集者:300万円から500万円程度
上級動画編集者:500万円から1000万円以上
ただし、フリーランスとして活動する場合は、案件によって報酬が異なるため、年収の目安はありません。また、業界や地域によっても異なるため、一概には言えません。

穴吹デザイン専門学校で学べる学科

穴吹デザイン専門学校で動画編集者を目指すなら、ネット動画クリエイター学科です。沢山の仲間たちと共に、切磋琢磨しながら目標に向かって学べるカリキュラムが用意されています。動画編集者になるためには編集ソフトを使いこなせるようになることだけでなく、動画制作の基本的な知識をもつことが必要です。ネット動画クリエイター学科では、企画から編集まで動画制作の流れを一通りすることができるカリキュラムになっているので動画編集者になりたい方におすすめです。動画編集に必要になってくるグラフィックデザインスキルもデザイン専門学校だからこそ専門の先生から授業を受けることができます。
また、昨今では必要とされるコミュニケーション能力も対面のコミュニケーション能力だけでなくネットを介したコミュニケーション能力が求められています。ネット動画クリエイター学科では他地区の学校とつないだオンライン授業で各地区の学生と先生とつながることカリキュラムが用意されており、オンラインコミュニケーションも学ぶこともできる最先端の学科です。

また、グラフィックデザイン学科でも専攻のひとつにフォト・ムービー専攻があります。デザイン全般にも興味がある人は、あわせて検討してみてください。

OPEN
CAMPUS
オープンキャンパス 2024

やりたいことを
みつけよう!

予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

読みもの ANABUKI JOURNAL

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.