資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 ブログ 学校について

お知らせ

高校生デザイン大賞2019 表彰式を行いました
2019.11.05
第24回となる高校生デザイン大賞。

今年度は 「NEW」 をテーマとし、広島県内外の高校生たちから 389点もの作品をお寄せいただきました。
皆さまありがとうございます!

10月27日 (日) それらの中から厳正な審査により選ばれた入賞作品について、表彰式が執り行われました。
今年も多数の受賞者、保護者、先生方にご出席いただき、賑わいある式となりました。
大賞として選ばれた川西梨央さん(広島県立熊野高等学校)には、賞状と副賞としてMacBookが贈られました。
おめでとうございます!
優秀な作品を多数出品された高等学校に贈られる「学校賞」は、広島県立尾道商業高等学校様が受賞されました。
審査委員長 納島正弘 先生より、総評をいただきました。


これまでは擬音を使ったテーマでしたが、今回から「NEW」という具体的なテーマへと方向性を変え、募集部門も時代に合わせたものへと見直されました。
このことで、高校生の皆さんからどのような解答が返されてくるのか。とても興味深かったです。

審査のポイントは 「技術」、「テーマの解釈・解答」のほか、デザインとは公共のものであり、社会に働きかける機能があるため「社会性」が重視されました。

今年の大賞作品は最後までグラフィックデザイン部門の作品と競っていましたが、社会性というポイントから見た時に一歩抜き出ており、新たな方針となったデザイン大賞の初グランプリとして分かり良く、相応しいものとして選考いたしました。
閉会後は、審査委員と作者の高校生を交えての講評会が行われました。

作品制作時のエピソードのほか、
自分の作品がプロのデザイナー、クリエイターの目にどのように映ったのか。
より完成度の高いデザインを目指すためには、何を意識したらよいのか。
審査委員それぞれのコメントに、作者の高校生たちはしっかりと耳を傾けていました。
入賞ならびに入選された皆さん、おめでとうございます。また今回ご出品いただいた全ての高校生、高等学校で呼び掛けていただいたご担当の先生方に、この場を借りて心より敬意を表します。
【募集部門】
  a.グラフィックデザイン部門
  b.ものづくり部門
  c. 建築・空間デザイン部門
  d.イラスト部門
  e.SNS部門
【審査委員長】
  納島正弘 広島アートディレクターズクラブ会長/ひろしまデザインネットワーク 会長/
       公益財団法人広島市産業振興センターデザイン開発室主管

【審査委員】
  彌中敏和 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 JIDA 西日本ブロック長
       株式会社GKデザイン総研広島 代表取締役社長

  宇河弘樹 漫画家/イラストレーター  

  河原富夫 学校法人穴吹学園 穴吹デザイン専門学校 校長  

  藤井悦子 学校法人穴吹学園 穴吹情報デザイン専門学校 校長  
MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.