資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 ブログ 学校について

お知らせ

平成31年度穴吹デザイン専門学校入学式 式辞
2019.04.10

 寒風に耐えた木々の芽吹きに勢いが感じられる本日,多数の来賓の方々並びに役員・保護者の皆様のご臨席のもと,穴吹デザイン専門学校 平成31年度入学式を,このように盛大に,また,厳粛に挙行できますことは誠に有り難く,新入生はもちろん,私ども学園関係者にとりましても大きな喜びでございます。ご臨席いただきました皆様方に先ずもって御礼申し上げます。

 新入生の皆さん,入学おめでとうございます。私たち教職員及び在校生一同,この日を心待ちにしていました。

 穴吹学園は,昭和60年に四国情報ビジネス学院として創設されて以来,「地元の学生を地元で育て,高い専門性と豊かな人間性を育み,地域社会から信頼され,貢献できる人材を育成する」ことを建学の精神として,産業界の多様なニーズに応えて参りました。現在は,本部のある高松市,そして広島市・福山市・徳島市に合計18校を有する中四国随一の総合専門学校となっています。

 さて,専門学校の教育の質を評価・認定し,職業教育の水準の維持・向上を図ることを目的として,文部科学大臣が認定する「職業実践専門課程」が平成26年4月から始まっていますが,この制度開始の初年度に穴吹学園の18校全てが認定を受けています。このことは,穴吹学園の教育の質が高いと,国から評価されていることを意味しています。この認定や関係業界からの肯定的な評価を励みにして,地域社会から信頼される専門学校として,教育内容の充実になお一層取り組んでいるところです。

その中にあって,穴吹デザイン専門学校は,平成3年に開設され,今年で29年目を迎えています。「職業教育を通して地域社会に貢献する人材を養成する」ことを教育理念として,これまでに,専門的な知識・技能,豊かな感性と柔軟な発想,社会性・責任感・協調性などを身に付けた3,813名の人材を養成し,業界に送り出しています。そして,彼らの各分野での活躍や,本校の高い業界就職率などに対して,社会から高い評価と信頼が寄せられています。

これらの実績を生み出しているのが,実践的で即戦力を養成するカリキュラムとデザイン業界各分野の最前線で活躍している講師陣の指導力,そして,充実した施設・設備です。新入生の皆さんには,新しい環境に一日も早く馴染み,専門職として活躍していくための知識・技能と人間力とをしっかりと身に付けてくれることを期待しています。人とのつながりと時間を大切しながら,本校の校訓「日々是前進」が示しているように,日々研鑽を積み重ね,自己の目標に向かって前進し続けてください。

 皆さんが日々前進するに当たって,本校の社会的使命である,「デザインに関する職業教育を通して,学び続ける姿勢の基盤を作り,自らデザインを探求し行動できる人材を養成する」という観点から2点述べますので,これからの課題として心に留めておいてください。

 まず,自ら能力開発をしていただきたい、ということです。

皆さんがこれまでに受けてきた学校教育は,基礎基本を習得するための,単線系で正解の出る問題を学習するものでした。しかし,現代社会は,IoT,ビッグデータ,人工知能を活用する「第4次産業革命」が進行するとともに,急速に社会が変化し,不確実性が増すとともに複雑・曖昧の度を増しつつある複雑系です。したがって,激変する社会を生き抜いていくために,本校在学中に,正解が出せる能力だけでなく,先を見通し戦略的に手を打ち,どのような変化にも対応していける能力を身に付ける必要があります。

 それは,習得した専門的な知識や技能をそのまま使うというだけでなく,主体的にそれらを組み合わせ活用して,繰り返し問題解決に当たることを通じて身に付く能力です。そこでは,文章や情報を正確に読み解き対話する力,事実に基づき論理的に思考・吟味し活用する力,価値を見つけ生み出す感性・好奇心・探究力などがベースとして必要です。そして,これらを,一層複雑化する社会で求められているデザイン思考に集約させる力を身に付けていく必要があります。

そのデザイン思考とは,発散思考と収束思考とからなり,最初に発散思考によって可能な限り多くの解決策を探り,その後で収束思考によって解決のための可能性を一つの案に絞り込んでいく思考です。発散思考は,一つのテーマについて通常とは異なるユニークで多様なアイデアをもたらす能力であり,これを特徴とするデザイン思考は,一般社会人に今後必要とされる能力です。デザインの専門職には尚のこと重要視される能力です。学校教育の世界とは違う世界に出るための,これからの2年の準備期間中に是非身に付けてください。

 映画『君の名は。』の主題歌を務めたロックバンド・RADWIMPS(ラッドウィンプス)のボーカル・野田洋次郎氏が作詞作曲した『正解』という曲の中に,「あぁ答えがある問いばかりを教わってきたよ だけど明日からは僕だけの正解をいざ探しに行くんだ」という歌詞があります。デザイン思考をしっかりと身に付け,あなたに相応しい正解や未来に繋がる最善の解を探し出せる能力を身に付けていただきたいと思います。

 次は,人間力を高めていただきたい,ということです。

 デザイナーになる志を持って入学するに当たって,専門的な知識や技能の習得は当然目標になっていると思いますが,それらを持ったどんな人になりたいのでしょうか? これはとても大切な皆さん一人一人の目標です。

会社という組織の中で,つまり相手がいるという場で求められる,提案したり報告・連絡・相談したりするコミュニケーションの能力,自ら進んで行動する習慣,責任を果たそうとする強い意志,協力しあって共に汗を流そうとする協調性,相手を大切にする心の表現としての礼儀正しさなどを持った人間になることも目標の一つになっていますか,ということを皆さんに問いたいのです。

 常に自己の有り様を省み,高みを目指して長所は更に伸ばし,弱点を補強しながら,自ら考え抜き自立した行動をする習慣を身に付けてください。そのためには,強い意志を持って,諦めることなく,自己をモニターしながら集団の中で努力し続けることが何よりも大切です。その間の根気強い努力は,自らの道を切り開いて行く大きな原動力になります。

 人生の大きな節目の一つである本日の入学式において,皆さんの着実な成長を願って,社会人に,そして専門職になるために是非身に付けていただきたい能力や心構えなどについて述べました。新しい環境と新しい出会いの中で,社会人になるための準備期間が始まります。今日の新鮮な緊張感と心新たにした決意を忘れずに,自ら求めていろいろな人々から学び取ることを大切にし,日々精進されることを願っています。

 終わりになりましたが,保護者の皆様,本日は,お子様のご入学,誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。私たち教職員一同,お預かり致しましたお子様の進路実現のために,総力を挙げて指導に当たって参りますので,緊密な連携を宜しくお願い致します。

 新入生の大いなる成長を期待するとともに,保護者の皆様並びに関係各位に本校教育へのご理解・ご協力を重ねてお願いし,入学式に当たっての式辞と致します。

 

平成31年4月10日

 

             学校法人穴吹学園 穴吹デザイン専門学校

校長 河 原 富 夫

 

※一部改

MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.