デザイナーがデザイナーを育てる環境
作品
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
「ANABUKI パッケージデザイン・アワード2023」準グランプリ

コンセプト:
目をテーマにしたカラーコンタクトレンズのパッケージ

工夫したところ:
箱(瞼)を開くと目が出てきます。
涙はコンタクトレンズの潤いです。
目の色と後ろの文字は、カラーコンタクトの色に合わせて変化させると分かりやすいと思いました。

担当講師コメント:

 

西坂さんの作品は、アイデアの段階(授業中のプレゼン)から面白いなと思っていました。

ただ、最初のデザイン画の段階の完成度では、少し魅力が伝わっていないなと言う感想でした。

アイデアを直接プレゼンできる対面と、1枚のシートを提出して審査してもらう段階で

伝わる深度が違うことは実際の仕事の現場でもよくあることです。

仕事の場合は直接説明することもできるのですが、

今回のようなコンペでは、やはり提出物が全てとして進行していきます。

だから、提出できるシートには、思いの丈を思いっきりぶつける(しかもわかりやすく)必要があります。

 

他の人の作品にも日本パッケージデザイン学生賞2023へエントリーしたデザイン画で、

その作品の魅力が十分伝わらなかった作品もあるのでは?と思います。

 

少し話がそれましたが、作品に注目してみると、

コンタクトレンズ→目 という、ある意味ストレートなアイデアを

ピローボックスという、これも定番の箱(パッケージ)の形態を目の形に見立てています。

 

リアルな目のイラストが少しグロテスクで目を引きますが、まつ毛の表現も含めて、

全く新しい発明でないが、形になると“この手があった”と人に思わせる力のある作品だと思います。

まさに“枯れた技術の水平思考”を体現したデザインです。

 

ペールオレンジを使ったヌードカラーの個包装や、箱裏面の文字の組み方もスマートで

医療品(コンタクトレンズ)らしさもあります。

 

関浦

関連記事

OPEN
CAMPUS
オープンキャンパス 2024

やりたいことを
みつけよう!

予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

7 6

全学科

7 13

全学科

7 20

全学科

7 6

全学科

7 13

全学科

7 20

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.