資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 チャンネル 学校について
記憶の停留所
2020 建築 インテリアデザイン コンペティション入選
三浦あいか / 岩本在夢 / 光岡 咲

Camps学生デザインコンペ in 広島デザインデイズ2020 最優秀賞

イノベーション・ハブ・ひろしまCampsの活用提案

コンペティションテーマ

Withコロナ・Afterコロナを意識した『わくわくする、おもしろいイノベーション創出拠点』

コンセプト

行けばいくほどわくわくし記憶に残る特別な空間

チョークで書くことができる壁紙を起用し記憶に残す

訪れた人に特別だと思ってもらえるような記憶に残る場所

チョークで書ける壁紙を起用することで、わくわくする場所、記憶に残る場所になるようにしました。

小さいころ黒板は先生が使うものというイメージがあり、チョークで自由に書ける体験ができると、わくわくするのではと考えました。

また、壁に書かれたものを次の人が見ることで、そこから刺激を受けたり、書き足したりして、つながっていくこともイメージしています。
そして未来のイノベーションの創出につながればいいなと思っています。

バリエーション例

正方形だけではなく、さまざまな形を作ることで、組み合わせも楽しめるようにしました。

遊び場をつくると、会議で使用するときに、子どもも連れてくることができます。

そしてその子どもたちが、将来デザイナーやクリエイターになってくれるといいなと思っています。

停留所をイメージしているので、吊り革をモチーフにしたものを作り、上の空間にも利用できる幅を持たせました。

使用例には、私たちのやりたいことも多く入れてみました。

自由なだけではなく、使いやすい工夫として、大人が使うスペースとこどもが使うスペースを色分けをしてみました。

イノベーション創出拠点として、さまざまなイノベーションがここで生まれるといいなと思っています。

MAIL a-style@anabuki.ac.jp 代表電話番号 082-263-7177 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.