デザイナーがデザイナーを育てる環境
作品
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
open house まちにひらく ひとをひらく
上地ひらな
ただ家族のための住宅ではなく、時には地域の人たちのコミュニティにもなるような、開かれた住宅が、今注目されている。空間をシェアすることで、家族も地域も豊かになるような場所。自然と人が集まるような場所。そこで私は、プライベート(家の中)と、パブリック(家の外)の間の空間を、心地よく吸い込まれるような空間にすることで、自然と人が集まる場所になると考えた。地域との交流や繋がりを求める時、その人が社交的かどうかは大切なポイントである。しかし、社交的ではなくても、それは物理的に叶えることができるのではないだろうか。人の無意識の部分をくすぐるような空間を創り、そうなるように‟仕向ける”ことができるのではないだろうか。新しい場所で新しい生活を始めるこの家族も、それを迎えるこの街も、きっと不安とワクワクと両方の気持ちがあるだろう。その不安は小さく、ワクワクは大きくするような家になってほしい。

関連記事

OPEN
CAMPUS
オープンキャンパス 2024

やりたいことを
みつけよう!

予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

5 6

全学科

5 18

全学科

6 8

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

読みもの ANABUKI JOURNAL

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.