デザイナーがデザイナーを育てる環境
作品
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
過疎化の進む地域に建築で新しい暮らしと繋がりを創造する。
矢信温大
江戸時代より「宿場町」として栄えていた通り。
幼少期から慣れ親しんだこの通りでは、昔は人同士の交流や季節の行事などでにぎわいがあった。しかし、現在では過疎化が進み若い世代の県外流出、通り全体の高齢化による活気の減少、利用者が減り閉店したお店、さらに新型コロナウイルスが重なりより人の行き来が減り、通り全体が閉鎖的になった。
地域衰退の原因となっている住民の高齢化と活気の減少を観光客や地域の子供たちと直接的なつながりを作るコミュニティーの場を設置したり、元々住む地域の人たちの目線で必要な場をつくることで地域住民にとっての「活気ある新しい暮らし」を提案。

関連記事

OPEN
CAMPUS
オープンキャンパス 2023

やりたいことを
みつけよう!

予定カレンダー

オンライン

入試説明会

視聴希望

随時視聴可

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

3 20

全学科

3 20

全学科

オンライン

入試説明会

視聴希望

随時視聴可

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.