資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 SNS 学校について
平川 彰真
学生
マンガ・アニメーション
マンガ・アニメーション学科
広島国際学院高等学校出身
なぜ穴吹を選んだのか
物心ついた頃から絵を描くことが好きで、とにかく絵を描く仕事がしたかったんです。専門学校に入って学ぶことで、いろんな方面の絵についての仕事について知り、触れることができると思い、自分のやりたいことを探すことと、将来何をやっていくか気持ちを固めるために進学しました。他の学校も色々調べた結果、穴吹が一番環境が整っていたんです。自分は知識がない状態だったので、できるだけ触れるものは多い方がいいと思いましたし、実際にオープンキャンパスに足を運び、結論として穴吹を選びました。
穴吹にきてみて
入学して、絵の上達はもちろんですが、社会的な目線で見たデザインという仕事に対しての思いが深まりました。プロとして活躍されている方に見てもらう貴重な機会もいただけています。これまで趣味の範囲だった絵を、仕事にするということに現実味がわいてきた感じがしますね。
マンガ・アニメーション学科で学んでいますが、実は穴吹に入る前は本格的にマンガを描いたことがなかったんです。だから穴吹に入った時は何もかもが新鮮でした。絵を描くのも楽しくないと続かないと思いますが、自分の好きなマンガを描くことが純粋に面白くて。それがこの学科を選んだ理由です。
漫画家を目指すと決めたのはいいのですが、実際、漫画家という職業は詳しく分からないし、どうやったらなれるのか、誰と付き合えばいいのか、分からないことだらけでした。穴吹には詳しい先生方もいるし、特別講師の先生も来られるので、分からないことを教えてもらえて不安を解消することができました。パソコン上で、プロの方も使っているソフトを使ってデジタルで絵を描く事も、穴吹に入ってからできるようになりました。
先生も専門分野が様々で、中には漫画家のお手伝いをするアシスタントをやっていた先生もいらっしゃって、マンガの描き方を教えていただける環境はすごく充実しています。
将来の夢
漫画家になるとしたら、就職活動をするというよりデビューを目指すことになりますね。上手い人はたくさんいて、実力次第の世界なので自分も行けるところまで頑張るつもりです。2-3か月に1回講評会というのがあり、出版社の編集部の方が学校に来てくださり作品を見てくれる機会があります。過去に描いた作品を見ていただくと好評で、編集さんの会社の賞をいただいたことがあるんです。いつどうなるかわからない世界ですが、穴吹に来ていなかったらそんなことは起こっていないですね。編集さんにアドバイスをいただきつつ、何か一つでも作品がうまくいって連載につなげられたらなと思っています。
一般的に漫画家は周囲に反対されがちな職業だと思いますが、両親は全面的に協力してくれて、僕のやりたいことを温かく見守ってくれています。理解されているからすごく嬉しいし、応援してくれているから本気でやらないといけないなと思っています。いつか漫画家として有名になって、僕の友人が、僕と友人であることを自慢できるような人になりたいです。学ぶだけではなく、様々なチャンスも提供してくれている学校生活を、将来につなげていけるよう頑張りたいと思います。


MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.