デザイナーがデザイナーを育てる環境
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
冨永 芙海
学生
グラフィックデザイン
グラフィックデザイン学科
愛媛県立大洲高等学校出身
なぜ穴吹を選んだのか
小さいころから絵を描くことが好きだったので、デザインを勉強できる専門学校に進学したいと思っていました。幼稚園の時も、みんなが外で遊んでいても一人で中で絵を描いていたような子だったみたいです。地元が愛媛なので、まずは愛媛のデザイン専門学校のオープンキャンパスに行ってみたのですが、自分的にちょっと学びたいことが学べない環境かなと思って、県外も探しました。山口の学校にも行ってみましたが、学校自体がどこか元気のない印象があったりして。穴吹のオープンキャンパスに来た時、先生も生徒も元気良くていい印象でした。体験授業では、準備されている素材を組み合わせてパン屋さんの広告画像を作ったのですが、できた画像を見せ合った時に、同じ素材なのにみんな使い方が全然違って、こんなにいろんなものができるんだなあと感動したんです。それが穴吹で学びたいと思った決め手になりました。
穴吹にきてみて
デッサンなど自分の手で描く授業もあれば、ポスターや広告ツールを作る授業など様々なことが学べています。ウェブサイトを作る授業で、これまでだったらさっぱり分からなかったウェブサイトを作れるようになったことは、自分的にレベルアップしたなと感じています。
2年生では、シルクスクリーンの授業が始まるので、布などにどうやって印刷するのか学べるのが楽しみです。ウェブの授業も高度になりレスポンシブ対応のサイトを作るらしいので、できるようになるのが楽しみですね。
将来の夢
絵を描くことはこれまでも趣味でずっとやってきましたが、イラストの仕事だけではなく、穴吹で学んだことを活かして就職できたらと思っています。得意なのは自分のイラストを混ぜたグラフィックデザインなので、それを活かせる印刷会社やデザイン事務所などに行けたらいいですね。将来は、まだ漠然とはしていますが、なにかでっかいことがしたいなと思っています(笑)。まずはでっかいことをしている人たちの一員となって、一緒に働いてみたいですね。
オープンキャンパス予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

7 9

全学科

7 16

全学科

7 24

全学科

7 30

全学科

Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.