デザイナーがデザイナーを育てる環境
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language

第26回 高校生デザイン大賞 入賞者表彰式

グラフィックデザイン

11月3日(水・祝) 第26回 高校生デザイン大賞 入賞者表彰式を執り行いました。
今年のテーマは「↺(Re…)」。

応募総数 429点のなかから 大賞として選ばれたのは、 倉敷翠松高等学校 楢木 歩美さん。

テーマの解釈と、タイポグラフィを用いた 完成度の高いデザインで 受賞を勝ち取りました。おめでとうございます!
審査委員長 納島正弘先生より、今年度の総評をいただきました。
「ここ数年、応募作品の傾向に よい意味での変化が見られ、審査する側として とても楽しみになってきました。

以前のデザイン大賞はイラスト展に近いものだったんです。というのも、高校生たちにあたえられたテーマが非常に曖昧でフワッとしたものだったので、作者の衝動でつくったような作品の応募が多かった。そこを改善し、近年は明確なテーマを設けるようにしています。

デザインをするうえで テーマはとても重要です。社会や企業など、相手が抱えているテーマ・問題に対して、デザイナーは 描写力や造形技術で解決し、答えを導き出していきます。「表現するためのタネが、相手のなかにある」というのがポイントです。

さて、今年のテーマは「↺(Re…)」でした。これを皆さんがどのように理解して、どうやって伝えるか。こちらが設定したテーマに対して ちゃんと答えてくれているかどうかは、審査をするうえで大きな指標となります。

「↺(Re…)」 という言葉に対して こういう切り口で答えたんだ、というのが評価につながり、イラストの上手さや ものづくりの技術の高さを競う コンテストとは、そこが大きく違います。

そういう意味で、最近の応募作品は 見ていて非常に 面白いものが増えたように感じます。
この 取り組みを通じて、高校生の皆さんの間で デザインに対する意識・関心が高まってくれていれば幸いです。」
表彰式を終え、作品講評会に移ります。


今年はトークショー形式。

「今回のデザインのポイントは?」
「ここは、なぜこのように表現したの?」

受賞者と審査員の先生方とで、作品をはさんで 語り合う 楽しい時間になりました。
高校生のうちに プロのデザイナー・クリエイター視点から作品を評価される機会も めったにないので、ぜひ これからの制作に活かしてくださいね。
お休みのところを足をお運びくださった出席者の皆さま、
ならびにご出品いただいた すべての方々、 誠にありがとうございました。
第26回 高校生デザイン大賞 入賞作品展
入賞した20作品による 作品展を開催しています。
入場無料で どなたでもご鑑賞いただけますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

開催期間:11月4日(木) ~ 11月17日(水)  9:00 ~ 17:30
オープンキャンパス予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

6 12

全学科

6 19

全学科

7 9

全学科

6 12

全学科

6 19

全学科

7 9

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

読みもの ANABUKI JOURNAL

マンガ・アニメーション学科 デザイン課外授業

イラスト好きからイラストのプロへ

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.