デザイナーがデザイナーを育てる環境
資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language

QAMAR WATER TANK のデザイン

ジャーナル

2021年10月07日

商品企画デザイン学科の込山先生がデザインに携わった「QAMAR WATER TANK」をご紹介します。

今回、かわいいくておうちに置いておきたいと思えるウォータータンクを作りたいという依頼者の思いを受けて、デザインをされたそうです。


photo : Tatsuya Tabii
すべての面に機能を持たせたデザイン
込山先生がデザインするときには、まず既存の商品を使ってみることから始めるそうです。今回も、水を入れる、注ぐ、コックをつけてウォーターサーバーにしたりと試してみたところ、用途によって傾きが違うことに気がつき、傾くという行為をデザインに活かすと新しいモノが作れるのではないかと考えデザインをスタート。試行錯誤を繰り返し最終的にこのカタチになったとのこと。

底の面を小さくしていて、底の面を変えるごとに傾きが変わり、それぞれに機能があるデザインになっています。また大口の設計なので、避難用グッズを中に入れて運ぶことができ、避難先で中身をだせば給水できる防災グッズとしても機能します。

使う人にとってどう在ればいいかが考え抜かれて完成したQAMAR WATER TANK。家の中でもアウトドアシーンでも溶け込むデザインは依頼主さんの思いが反映されたものになったのではないでしょうか。

今までになかったウォータータンクを作りたいという依頼者さんも面白い方ですね。実は普段全く違うお仕事をされているそうです。今回デザイナーさんに依頼することで実現したこのアイデア。これからこんな商品が増えてくるといいですね。

ここでは書ききれなかったお話はコチラから動画でご覧いただけます。


QAMAR WATER TANK

使いやすさを追求した機能を搭載した八角形のウォータータンク。
女性にも運びやすいサイズ、手が入る広口設計で、防災グッズとしても機能します。

graphic design : guide Akira Kubo
photo : Tatsuya Tabii

Instagram
https://www.instagram.com/qamar_japan/

Makuake
https://www.makuake.com/project/qamar-watertank

 
オープンキャンパス予定カレンダー

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

6 12

全学科

6 19

全学科

7 9

全学科

6 12

全学科

6 19

全学科

7 9

全学科

オンライン

オープンキャンパス

視聴希望

随時視聴可

読みもの ANABUKI JOURNAL

マンガ・アニメーション学科 デザイン課外授業

イラスト好きからイラストのプロへ

代表電話番号
082-263-7177
〒732-0826
広島県広島市南区松川町2-24
MAIL
a-style@anabuki.ac.jp
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.