資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 SNS 学校について
陳 瀅
学生
CG・ゲーム
CG・ゲーム学科
なぜ穴吹を選んだのか
小学校の時からゲームをするのが好きで、その中でもゲームの背景や風景に興味がありました。その頃から大きくなったらゲームの会社に入って絵を描きたいなという夢があって。私は中国出身なのですが、家族が広島に住んでいます。それもあって高校を卒業してからの進学先は、広島でゲームの事を学べる場所がないかと探して穴吹を見つけました。建物も描くのも好きなので建築とCGで迷いましたが、やはり大好きなゲームの世界を目指してCG学科に決めました。
穴吹にきてみて
2Dイラスト、3Dアニメーション、モデリング、DTPなどを中心に勉強しています。自分は2Dイラストが描きたかったのでやりたいことができている環境ですね。基本的に手描きは少なくて、ペンタブレットを使ったデジタルイラストを主に描いています。入学した当初は知識はゼロでしたが、今では鉛筆で書くようにペンタブレットを使いこなせています。先生ともコミュニケーションがちゃんと取れていて、分からないことを色々聞いても丁寧に教えてくれます。 今は卒業制作に取り組んでいて、ゲームの世界観を表す背景のイラストを描いているところです。
将来の夢
今、就職活動中で、自分は東京のゲーム会社で働いてみたいのですが、両親の希望もあって広島で仕事を探しています。将来の夢はゲームの背景デザイナーになることなので、ゲームの素材になるようなイラストや、ゲーム全体の世界観を表す画を描いていきたいです。ゲームのコンセプトや世界観はファンタジー、古代、自然など、設定は様々ですが、まずはコンセプトアートでゲーム全体の方位性を決めてから、設定にあった服装や小物などを作っていきます。私もそういうコンセプトアートを描けるようになりたいと思っています。私が一番好きなのは中国の古代の建物。そんな世界観のゲームに関わって働いてみたいですね。
MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.