資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 ブログ 学校について

就職 - お子様の卒業後を前提にした学校です

好きなことを学ばせたい、でも卒業後は大丈夫?

オリンピック景気に沸く就職しやすい状況がここ数年続いていますが、数年前は全く逆でした。右のグラフを見ると2017〜2020年がピークであればオリンピック後はまた就職難の時代がやってくることが予想されます。

一方で高校卒業後すぐに就職する環境もここ数年は好調です。ただし業務内容は20年前とあまり変化がなく、いわゆるライン作業や立ち仕事が中心です。また、かつて一定数はあった事務職はIT化の背景で減少し一般職という区分もなくなってきています。

平成29年3月 高卒新規就職者の主な職種比率出典:文部科学省「平成29年度学校基本調査」

これからの日本では事務作業はIT化、製造分野は外国人労働者が採用され、職業や仕事が無くなっていくと言われています。

以上のことから、就職率が良いのは学びの内容によるのではなく
単に景気によって左右されているということが言えそうです。

本校ならこのように対処しています
カリキュラム 実社会で必要なことを厳選し、実践を通して学んでいます。
教員 その職業に就いている者、あるいはその経験者から直接学ぶことができます。
授業 実習を通して仕事をするうえで必要な技能や考え方を身につけます。

2017年度求人社数

本校の卒業年次生に対して、1人あたり12〜13社以上の企業から選ぶことができます。この比率は長年変化がありません。

2017年度専門分野就職率

景気の波に左右されることなくほとんどの学生が就職しています。芸術系の大学生はわずか30~50%の専門分野就職率ですから、その差は歴然としています。

専任 就職指導担当
種田 真幸

25年以上にもわたって地元のデザイン界から絶え間なく求人をいただいています。
デザインの仕事は豊富で、クリエイター、トップデザイナー、オペレーター、一般職など様々です。それぞれの学生の技能と適性などでベストの仕事になるようにアドバイスしています。

業界からの声
株式会社中本本店
代表取締役

中本 俊之 様
印刷業界において優れたDTP技術はもとより、相手にとってより良い提案のできるデザイナーが必要とされています。広島のデザイン業界は多くのアナブキの卒業生によって支えられてますよ。
株式会社講談社
月刊少年マガジン
編集長

高見 洋平 様
漫画界には、まだまだチャンスがたくさん転がっています。それを掴むためには「今」何を学ぶか、が大切です。そしてレベルの高い同志が揃う環境も、大いに刺激を与えてくれることでしょう。毎年のように、「出張編集部」という形で広島に赴いていますが、素晴らしい才能を持った皆さんと出会えるのを、いつも楽しみにしています!
MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.