資料請求 よくある質問 お問い合わせ
Language
本校は、文部科学省の「高等教育の修学支援新制度」、社会人の学び直しを支援する「教育訓練給付金制度」の対象校です
学科紹介 入学案内 就職 アナブキピーポー お知らせ オープンキャンパス 作品 SNS 学校について

お知らせ

1.伊勢の御師と旅人たちの伊勢参り
2019.06.26

観光振興学科 教員(予定) 谷崎 友紀

今回は、伊勢への旅について紹介したいと思います。 江戸時代の旅は、「はじめに」で触れたように、とくに庶民の旅に関しては多くの場合が伊勢参宮を目的としたものでした。
伊勢参宮の流行した要因のひとつには、伊勢の「御師(おんし )」と呼ばれた人々がいます。 彼らにそれぞれ担当の地域があり(武蔵国、山城国、讃岐国 というように)、 各地に出向いて伊勢神宮の宣伝活動をおこなっていました。 それを受けて、各地の村では「伊勢 講」が作られました。 これは、講のメンバーが少しずつ費用を積み立てることで、毎年何人かが「代参」として伊勢参宮をおこなうことができるシステムです。 これによって、毎年順番に誰かが参宮へ向かうようになり、人々は自分が旅に出られる時を心待ちにしていました。

御師は、宣伝活動をするだけではなく、旅人が伊勢を訪れた際には盛大なもてなしをおこないました。多くの旅人たちは、御師の屋敷に迎えられ、そこで「太々神楽」と呼ばれる神楽を奉納するための代金を支払います。 そのあとは、夕食に豪勢なご馳走が並び、眠る際には絹の布団が支度され、翌日は用意された駕籠で二見浦見物へ行き、外宮·内宮を参拝したのちは村の人々に配る御札や士産物を持たせて貰いました。これを御師の「ホスピタリティ」と捉えることもできますが、「神楽代」のなかに宿泊費や滞在費がすべて盛りこまれていたとも言えます。御師を介した伊勢参宮は、非常にシステム化されたものであったと言っても過言ではありません。(もちろん、御師を通さずに参宮をする者や、般の旅籠に泊まる者、神楽を奉納しない者などさまざまな形態の旅人がいました。)
「楠部峠」『伊勢参宮名所囮会』
早稲田大学古典籍総合データベースより転載

参宮のあとには、伊勢の名所見物をするという楽しみもありました。 旅人たちは古市の遊郭で伊勢音頭を見物したり、二見浦を訪れたりしました(信心深い旅人は、参宮の前に二見浦へ訪れ膜をしてから参宮をおこないました)。 また、朝熊山の金剛証寺にも参詣する者も多くみられましたが、途中の楠部峠からは二見浦を 望できました。 案内記(当時のガイドブック) には、茶屋の横に置かれた遠眼鏡(望遠鏡)から景色を眺める人々の姿が描かれています。今でも景勝地の高台には望遠鏡が置かれていることが多いですが、江戸時代の人々も同じように楽しんでいたようです。 このあと、旅人たちは土産物として万金丹を購入して、いよいよ大和・大坂・京都めぐりへ向かいます。
MAIL a-style@anabuki.ac.jp 〒732-0826 広島県広島市南区松川町2-24
Copyright © Anabuki Design College Hiroshima All Rights Reserved.